So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の5件 | -

マグニフィセント セブン (2016) THE MAGNIFICENT SEVEN [西部劇]

ee7980784cc7e6b7.jpg
監督:アントワーン・フークア、製作:ロジャー・バーンバウム トッド・ブラック
脚本:ニック・ピゾラット リチャード・ウェンク
撮影:マウロ・フィオーレ
音楽:ジェームズ・ホーナー  サイモン・フラングレン
***
デンゼル・ワシントン / サム・チザム ⇒ ユル・ブリンナーの役(クリス)、以下オリジナルと対比
クリス・プラット / ジョシュ・ファラデー ⇒ スティーヴ・マックィーンの役に近いか(ヴィン)
イーサン・ホーク / グッドナイト・ロビショー ⇒ ロバート・ヴォーンの役とブラッド・デクスターの役の味あり
ヴィンセント・ドノフリオ / ジャック・ホーン ⇒ 該当なし
イ・ビョンホン / ビリー・ロックス ⇒ ジェームズ・コバーンの味あり
マヌエル・ガルシア=ルルフォ / ヴァスケス ⇒ 該当なし
マーティン・センスマイヤー / レッドハーベスト ⇒ 該当なし
ヘイリー・ベネット  / エマ・カレン ⇒ メキシコ人農民の代わり 
ピーター・サースガード / バーソロミュー・ボーグ ⇒ イーライ・ウォーラックの代わり
***
これを見たあと、オリジナルを見直しました(本当のオリジナルは「七人の侍」だけどね)
これは、7人を構成するまでのシークウェンスが短すぎるというか、あっさりしすぎで
殆ど見せ場もワクワク感も無い。アホだね。

オリジナルをなぞっているものの、メンバーは リーダーが黒人だったりで、
いわば普通の白人はクリス・プラットぐらい というのは 面白い。
今回のメンバーでは、やっぱり マーティン・センスマイヤーの役が秀逸
この役で次回作を作ってくれないかな
あと、最も印象の薄い人物が 生き残ったのも面白い
というか、その役の設定が失敗だったかな

戦闘シーンのつくりは、合格点とは言えないな
まず、300人くらいの勢力で乗り込んできたはずなんだけど、
オリジナルの山賊40人の方が 迫力があるな
それと、かなり遠くから来てるはずなんだが、替え馬はいらないのか?
ガトリング銃の射程が長すぎる感じ。
あれは、接近してくる敵兵をなぎ倒す武器なんじゃないか。
それに、ガトリング銃が出てくると、マカロニウェスタンみたいで興ざめ

全体として、爽快感が無く、かと言って、南北戦争後の厭戦感が出てるわけでもなく
チザムが仕事を引き受けるのも、復讐心からだったりと
ハリウッド製ウェスタン復活!ってもんではない すっきりしない映画だよね
意図した陰鬱感ではないようで、もっと優秀な監督に作って欲しかった





アウトブレイク(1995) OUTBREAK [アメリカ人のメンタリティー]

上映時間 128分
製作国 アメリカ
監督: ウォルフガング・ペーターゼン

ダスティン・ホフマン サム・ダニエルズ大佐
レネ・ルッソ ロビー  サムの元妻
モーガン・フリーマン ビリー・フォード准将
ケヴィン・スペイシー ケイシー・シュラー少佐
キューバ・グッディング・Jr ソルト少佐
ドナルド・サザーランド ドナルド・マクリントック将軍
361view001.jpg
映画は、途中までは、サスペンスで進みます
アフリカから密輸されたサルが宿主となっているウィルスが、
飛沫感染により人間に移り、進化して、田舎町が壊滅状態に・・・までは、ね

ところが、そこから いきなり、アクション映画になります
(ダスティン・ホフマンって、アクション映画には出ないのかと思ってたよ)
キューバ・グッディング・Jrが軍医なんだけど、何でもできるヤツで
(ちなみに、上の配役表で軍人の階級が表示されている人は全員軍医です)
ヘリコプターの操縦もできる!
麻酔銃も撃てるし、当たる!

血清をつくるのも、アクション映画の乗りで
宿主のサルを捕獲すると、あっという間に血清を作ってしまう

とにかく娯楽映画にアクションが無いと我慢できないのが、アメリカ人かあ









春を背負って(2014) 東宝 [山岳映画]

監督: 木村大作
原作: 笹本稜平  『春を背負って』(文藝春秋刊)
脚本: 木村大作 瀧本智行  宮村敏正
撮影: 木村大作
音楽: 池辺晋一郎
***
松山ケンイチ(長嶺享=山小屋の若主人)、蒼井優(高澤愛、山小屋の従業員)
檀ふみ(長嶺菫=主人公の母)、新井浩文(中川聡史、主人公の友人で家具職人)
KIKI(遭難した女の子)、市毛良枝(山好きのおばさん)
石橋蓮司(野沢久雄、医師)、小林薫(長嶺勇夫、主人公の父、遭難死する)
豊川悦司(多田悟郎(ゴロさん)、山小屋の同居人)

haru.jpg
長年、カメラをやっていたおじいさんが、監督業に乗り出した・・・
「剱岳」は、舞台が明治だし、原作が立派なので素晴らしかったが
多分、この映画は、おじいさんが自分のセンスで撮った、というより作っちゃったんだな、きっと

まず、カラーが古いんですが・・・。解像感が無くて。
CGを嫌ってか現地ロケ敢行だそうですが、仕上がりは古き良きスクリーンプロセスみたい。
BGMも古臭い。まるで昭和40年代のTⅤ映画みたいな。

「剱岳」とは、全然違うなあ。映画のできが。
あれでやめとけば・・・

松山ケンイチは凄腕金融トレーダーには全く見えませんな
そういう設定にする必要も無かったしね
原作のせいなのか、話の展開は類型的に過ぎて恥ずかしいくらいじゃ
時代設定を現代にしたのが間違いで、木村大作のセンスに合わせれば
昭和48年くらいにしとけば良かったのにね


捜索者(1956) THE SEARCHERS [西部劇]

上映時間:119分 製作国:アメリカ
監督: ジョン・フォード
原作: アラン・ルメイ
音楽: マックス・スタイナー ・・・ 「白い丘」と音楽つながり
出演: ジョン・ウェイン イーサン・エドワーズ
ジェフリー・ハンター   マーティン・ポウリー(捜索の相棒)、
ナタリー・ウッド  デビー・エドワーズ(インディアンにさらわれた姪)
ラナ・ウッド(ナタリーの妹)  デビー・エドワーズ(少女時代)
ヴェラ・マイルズ ローリー・ジョーゲンセン
ヘンリー・ブランドン スカー酋長
20130412222643e57.jpg

そんなに傑作ではないんではないかなあ
そもそも、ラストシーンまでに何年経過したのか?
さらわれてから救い出されるまでに
ラーナ・ウッドがナタリー・ウッドになるので、7年ぐらい経過したわけですが
捜索の永~い日々を感じられないよね
映画の中で年月を表現してるのは主にセリフ!です
ジェフリー・ハンターとヴェラ・マイルズもはじめの方では少年少女の役者にやらせるべきだった

映像はさすがです
冒頭とラストの絵(ジョン・ウェインが画面の奥からこちらに向かって近づいて来る)を首尾一貫させたわけですが、そこは美しい

演出上の不備は多々あります
ジョン・ウェインの役作りは首尾一貫していない
遺産をジェフリー・ハンターに残そうとするあたり、いったいいつから情が移ったのか分からない
ラストでナタリー・ウッドを抱き上げるあたり、そもそも殺す気だったのか救う気だったのか

コテコテの西部劇なんだから、スカー酋長との派手な決闘があるべきだったな
コメディー・リリーフは不要だった。特に、騎兵隊の少年中尉

大多数の皆様がおっしゃるような偏見と怨念に満ちた孤独な男の復習譚という ようね映画ではないです
ほんとうにそんな映画にしたければ、途中でジェフリー・ハンターも殺させて、
しかもウェインが見殺しにするような演出が必要
いっそ、ナタリー・ウッドと撃ち合いになり、
さすがに姪を射殺できずにウッドに撃たれ、ウッドに看取られれる
という展開にすべきだったか

白い丘 All Mine To Give(1957年 アメリカ) [アメリカ人のメンタリティー]

監督:アレン・レイズナー 原作:デイル・ユンソン 脚本:キャサリン・ユンソン、デイル・ユンソン
撮影:ウィリアム・スコール 音楽:マックス・スタイナー
出演
グリニス・ジョンズ Mamie_Eunson(母) キャメロン・ミッチェル Robert_Eunson(父)
レックス・トンプソン Robbie_Eunson(長男) パティ・マコーマック Annabelle_Eunson(長女)
***
これは、実話だそうで、原作者のユンソン氏の祖父の物語だとか。
スコットランド移民の子だくさん一家(子供が6人)で、両親が急死してしまい、
12歳の長男が、弟妹をあちこちに養子に出してから、自分は鉱山労働者になるという
とても 前向きで しっかりものの少年の話。テーマ曲もスコットランド風です

両親役の俳優は、母親役の方はA-級、父親役はB+級というところですが
長男役は、当時のスター子役だったようです 「王様と私」にも出てたしね
タイトルが出るところで、末の妹をソリにのせてひっぱていくシーンが あるんですが
とても 健気で力強い。

あ、そうだ
長女役のパティ・マコーマックも、美少女で演技派ということで 有名だったみたい
「悪い種子」の主役だったもの
all-mine-to-give-movie-poster-1957-1020192894.jpg




前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。