So-net無料ブログ作成
検索選択

マグニフィセント セブン (2016) THE MAGNIFICENT SEVEN [西部劇]

ee7980784cc7e6b7.jpg
監督:アントワーン・フークア、製作:ロジャー・バーンバウム トッド・ブラック
脚本:ニック・ピゾラット リチャード・ウェンク
撮影:マウロ・フィオーレ
音楽:ジェームズ・ホーナー  サイモン・フラングレン
***
デンゼル・ワシントン / サム・チザム ⇒ ユル・ブリンナーの役(クリス)、以下オリジナルと対比
クリス・プラット / ジョシュ・ファラデー ⇒ スティーヴ・マックィーンの役に近いか(ヴィン)
イーサン・ホーク / グッドナイト・ロビショー ⇒ ロバート・ヴォーンの役とブラッド・デクスターの役の味あり
ヴィンセント・ドノフリオ / ジャック・ホーン ⇒ 該当なし
イ・ビョンホン / ビリー・ロックス ⇒ ジェームズ・コバーンの味あり
マヌエル・ガルシア=ルルフォ / ヴァスケス ⇒ 該当なし
マーティン・センスマイヤー / レッドハーベスト ⇒ 該当なし
ヘイリー・ベネット  / エマ・カレン ⇒ メキシコ人農民の代わり 
ピーター・サースガード / バーソロミュー・ボーグ ⇒ イーライ・ウォーラックの代わり
***
これを見たあと、オリジナルを見直しました(本当のオリジナルは「七人の侍」だけどね)
これは、7人を構成するまでのシークウェンスが短すぎるというか、あっさりしすぎで
殆ど見せ場もワクワク感も無い。アホだね。

オリジナルをなぞっているものの、メンバーは リーダーが黒人だったりで、
いわば普通の白人はクリス・プラットぐらい というのは 面白い。
今回のメンバーでは、やっぱり マーティン・センスマイヤーの役が秀逸
この役で次回作を作ってくれないかな
あと、最も印象の薄い人物が 生き残ったのも面白い
というか、その役の設定が失敗だったかな

戦闘シーンのつくりは、合格点とは言えないな
まず、300人くらいの勢力で乗り込んできたはずなんだけど、
オリジナルの山賊40人の方が 迫力があるな
それと、かなり遠くから来てるはずなんだが、替え馬はいらないのか?
ガトリング銃の射程が長すぎる感じ。
あれは、接近してくる敵兵をなぎ倒す武器なんじゃないか。
それに、ガトリング銃が出てくると、マカロニウェスタンみたいで興ざめ

全体として、爽快感が無く、かと言って、南北戦争後の厭戦感が出てるわけでもなく
チザムが仕事を引き受けるのも、復讐心からだったりと
ハリウッド製ウェスタン復活!ってもんではない すっきりしない映画だよね
意図した陰鬱感ではないようで、もっと優秀な監督に作って欲しかった





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。