So-net無料ブログ作成

白い丘 All Mine To Give(1957年 アメリカ) [アメリカ人のメンタリティー]

監督:アレン・レイズナー 原作:デイル・ユンソン 脚本:キャサリン・ユンソン、デイル・ユンソン
撮影:ウィリアム・スコール 音楽:マックス・スタイナー
出演
グリニス・ジョンズ Mamie_Eunson(母) キャメロン・ミッチェル Robert_Eunson(父)
レックス・トンプソン Robbie_Eunson(長男) パティ・マコーマック Annabelle_Eunson(長女)
***
これは、実話だそうで、原作者のユンソン氏の祖父の物語だとか。
スコットランド移民の子だくさん一家(子供が6人)で、両親が急死してしまい、
12歳の長男が、弟妹をあちこちに養子に出してから、自分は鉱山労働者になるという
とても 前向きで しっかりものの少年の話。テーマ曲もスコットランド風です

両親役の俳優は、母親役の方はA-級、父親役はB+級というところですが
長男役は、当時のスター子役だったようです 「王様と私」にも出てたしね
タイトルが出るところで、末の妹をソリにのせてひっぱていくシーンが あるんですが
とても 健気で力強い。

あ、そうだ
長女役のパティ・マコーマックも、美少女で演技派ということで 有名だったみたい
「悪い種子」の主役だったもの
all-mine-to-give-movie-poster-1957-1020192894.jpg




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。