So-net無料ブログ作成

ルアーブルの靴磨き(2011) [ヨーロッパ人って奴は・・・]

監督:アキ・カウリスマキ 製作:アキ・カウリスマキ
脚本:アキ・カウリスマキ   撮影:ティモ・サルミネン

出演:アンドレ・ウィルム(マルセル・マルクス) カティ・オウティネン(アルレッティ)
ジャン=ピエール・ダルッサン(モネ警視)  ブロンダン・ミゲル(イドリッサ)
エリナ・サロ(クレール)  イヴリーヌ・ディディ(イヴェット)
クォック=デュン・グエン(チャング) 

ルアーブル.jpg
***
「キリマンジャロの雪」も、そうでしたが
ヨーロッパ人というのは、時に、全くの義侠心というか、損得抜きの善意の行動をとるみたいですな
もちろん、この映画がリアルなものでないというのは承知のうえで

しかし、フランス映画って、画面がくすんでるね。
わざとかなあ、現代の映画とは とても思えない色調と解像感の無さ

展開も、構図の取り方も、音楽も えらく古い
1960年代後半の映画です って言われても信じてしまいそうだ

ま、ファンタジーということか
もちろん、好きなタイプの映画です


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。