So-net無料ブログ作成
検索選択

サラの鍵(2010) ELLE S'APPELAIT SARAH [ナチ占領下のフランス]

338147_01_04_02.jpg
監督: ジル・パケ=ブランネール
原作: タチアナ・ド・ロネ
クリスティン・スコットトーマス ジュリア・ジャーモンド(アメリカ人ジャーナリスト)
メリュジーヌ・マヤンス     サラ・スタルジンスキ(ユダヤ人少女)
ニエル・アレストリュプ   ジュール・デユフォール(サラを救う農場主)
エイダン・クイン      ウィリアム・レインズファード(サラの一人息子)
フレデリック・ピエロ    ベルトラン・テザック(ジュリアの夫、フランス人)
***
 またもや、
 第二次大戦におけるナチス協力という「フランス人の心の傷」の映画

 それも相当に厳しいので、小さい子供や孫を持つ人は見ないほうがいいです。
 この映画に比べると、「バティニョールおじさん」は、相当にのんきです。

 フランス人は、ユダヤ人の大量虐殺に協力しただけでなく、自ら進んで実行しました。
 ただ、ナチスの緻密さに比べると、フランス人のやることは何だか雑なところもありますな。
 その雑なところで、一部に救われたユダヤ人もいたようです。
 
 
 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。