So-net無料ブログ作成
検索選択

頭上の敵機 [ヒコーキ]

1949アメリカ
TWELVE O'CLOCK HIGH
監督: ヘンリー・キング
出演: グレゴリー・ペック
ディーンジャガー
ヒュー・マーロウ
ゲイリー・メリル
ミラード・ミッチェル
ポール・スチュワート
リチャード・アンダーソン

主役は、ボーイングB-17フライング・フォートレス。初代「空の要塞」です。二代目はボーイングB-29スーパーフォートレスね
4発の爆撃機で、いわゆる重爆撃機。10人乗り。
第二次大戦初期のヨーロッパ戦線で、アメリカ軍はまだイギリスに航空部隊だけが駐屯して、昼間爆撃を主にやっていたころ

この映画で見る限り、アメリカ軍は妙な軍隊です
いくら航空部隊が幹部搭乗主義だといっても、部隊長の准将は愚か、司令官の将軍まで爆撃機に乗っています
そればかりか、庶務課長のような立場の(日本海軍なら主計長ね)ディーン・ジャガーや軍医まで内緒で搭乗して機銃員になっています 本当かね
邦題はなかなか評判がいいんですが、直訳すれば「12時の方向敵機!高い!」かなあ。真正面からドイツ戦闘機が向かってきていて、なおかつ上から来るという、えらくプレッシャーのかかる局面を言っています
そう考えると、邦題もちょっとナマヌルイかも
何しろ、護衛戦闘機が隋伴しないで、爆撃機だけがハダカで飛ぶわけですから


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。